MENU

歪みの原因とは

体は全身バランスを取っている

これがどういうことかということを説明するには積み木が分かりやすいかと思います。
積み木を積み上げる時、もし右に倒れそうになっていたら次の積み木を左にずらして、倒れないようにバランスを保とうとします。

実は私たちの体も、私たちの意思とは関係なく、同じことをしています。体は積み木に比べても圧倒的に複雑ですが、原理としては同意です。

私たちの体は怪我日常生活における癖など何らかの要因で体のバランスが崩れても、重力に対して二本足で生活できる体を維持するように他の部分がそれをカバーし、常にバランスを修正しているのです。

原因は痛みが出たその部位にあるとは限らない

腰痛や肩こりなどの症状が出たとしても、原因はその部位にあるとは限りません。もしかすると膝である可能性もありますし、別の箇所が原因かもしれません。その原因を見極め、歪みをただすことが当院の役割でもあります。

このバランスが崩れる要因には、当事者本人も気づいていない「癖」が多く見受けられます。
パソコンの長時間作業や仕事の精神的ストレスは「きっかけ」であって、原因ではありません。そのきっかけの多くが日常生活における「癖」にあるのです。

では日常生活における代表的な「癖」についてみていきましょう。

代表的な歪み

肩こり編

当院のお客様にもお悩みの方が多い「肩こり」
肩こりの原因となる歪みは様々で、それらは日常生活における「癖」で多くが引き起こされます。その代表的なものを見ていきましょう。

<肩こりの原因となりやすい癖>
・「頭蓋骨」の歪みから
・「腕」の歪みから
・「手の指・掌」の歪みから
・「肋骨」の歪みから

その他、下半身のバランスが原因となるようなケースもあります。

腰痛編

腰痛には歪みの原因を日常生活で無意識に作ってしまい、その状態で力仕事など腰に負担のかかることをすることで引き起こされます。その日常生活における癖について、まずは知るところから始めましょう。

<腰痛の原因となりやすい癖>

・あし組
・あぐら
・横座り
・足を重ねての正座
・足を重ねて寝る
・腰に手をあてる

・押し付けるストレッチ
・踵でお尻を圧迫
・椅子のキャスターに足をのせる
・膝裏、太もも裏に手や足を入れる
・矯正下着などのきつい下着の着用
・肘や膝、手で圧迫

その他の癖について

その他にも様々な日常生活における「癖」が原因で、体は歪みを引き起こします。
具体的には体の歪みとは持続的な圧力が加わることによる「骨の歪み」と考えていただければ分かりやすいと思います。
上記で挙げたような癖はいずれも特定箇所を圧迫するため、それが原因で骨も歪んでいくのです。これらをまとめた当院オリジナル冊子「わくわく健康通信(保存版)」を来院された方にはお渡ししておりますので、ご興味のある方は是非、当院までお越しください。

© はせがわ整体